湯之町大神輿は、愛媛・松山秋祭りの八町会に所属する神輿団体。八町八体の大神輿が豪快な鉢合わせを行い勇壮に練り歩く男の祭りは迫力満点です!


松山市道後湯之町を神域とする湯之町大神輿では、道後の秋祭り参加者を随時募集しております。 「今までに参加したことがない」という人も大歓迎です。衣装の貸し出しがありますので、奮ってご参加ください。地域の方はもちろん、道後湯之町地区以外にお住まいの方でも大歓迎です!
八つの町と八つのお神輿が互いに競い合い勇壮に練り歩く男の祭りとして、全国でも知られるようになった「道後の秋祭り」に参加してみませんか。


■道後秋祭り開催日時(2日間)
宵宮:10月5日15時(道後駅前集合)
本宮:10月7日3時30分(道後駅前集合)
※どちらか1日だけの参加も可能
※宵宮・本宮への参加希望者は傷害保険代として1,000円ご負担いただきます。
※開催1ヵ月ほど前からは神輿のロープ巻きや、毎週日曜日には鉢合わせの練習、
開催直前には道後湯之町地区の飾りつけなど行っております。


■参加資格
健康でお祭り好きの男性
※年齢は関係ありません。(未成年の方は保護者の許可が必要。)
■衣装等
法被は無料で貸し出します。その他、参加に必要な衣装などアドバイスします。
■申込期限
申し込み随時受付中
■お申し込み・お問い合わせ先
湯之町大神輿事務局
メール:info@yunomachi.com

湯之町大神輿では年間を通じて道後地区だけでなく松山市全域でのイベントや行事などに参加したり、湯之町大神輿参加者との親睦会を数々開催しております。
■道後秋祭り開催日時(2日間)
宵宮:10月5日15時(道後駅前集合)
本宮:10月7日3時30分(道後駅前集合)
※どちらか1日だけの参加も可能
※宵宮・本宮への参加希望者は傷害保険代として1,000円ご負担いただきます。
※開催1ヵ月ほど前からは神輿のロープ巻きや、毎週日曜日には鉢合わせの練習、
開催直前には道後湯之町地区の飾りつけなど行っております。


あなたもお祭りづくりに参加してみませんか!?
湯之町大神輿では年間を通じて地域活動やだけでなく松山市全域でのイベントや
行事などに参加したり、湯之町大神輿参加者との親睦会を数々開催しております。
地域活動やボランティア活動に興味のある方、裏方としてお祭りに参加してみたい方、
ぜひふるってご参加ください!お待ちしております!
一人でも多くの皆様のご協力・ご参加をお待ちしております。
ご不明な点はお気軽にお問合せください。
高校生(16歳)以上であれば、男女関係なくどなたでも応募できます。
1. 本団体は湯之町大神輿と称する

2. 本団体は次の事項を目的とする。
湯之町地区としての結束の強化を図るとともに、秋祭りを通じて地区の繁栄を図ると共に地域の安全に貢献し皆が住みよい地域を目指す。

3. 役員
湯之町大神輿に次の役員を置く
会長 大頭取 総代付 頭取 頭取補佐 小頭 小頭補佐 事務局 理事会
役員は定例会、役員会議にて決定する。

4. 会計
湯之町大神輿の経費は、寄付金、その他収入によってまかなう
会計年度は毎年度7月1日から6月30日までとする。

5. 運行においての遵守事項
名簿記載者以外は運行に参加させない場合がある。
未成年者の参加は保護者又は責任者を要する事とする。
未成年者に飲酒の機会を与えない事とする。
泥酔状態のかき夫は運行に従事させない場合がある。
参道及び馬場において神輿かき夫は、他の神輿には近寄らない、絶対にさわらない。
ハッピを脱がない(片肌、両肌脱ぎ禁止)。
サングラス着用禁止。

6.地方祭(10月5日~7日)の怪我人について
湯之町大神輿会が提供する傷害保険に入っていないかき夫にたいして、または、地方祭前の練習時については死亡、負傷問わず、いかなる理由でも湯之町大神輿は責任を負わないものとする。
軽傷者(通院程度)に対しては、役員会での協議により見舞金を支払う場合がある。
骨折者に対しては、役員会での協議により見舞金を支払う場合がある。
死亡者に対しては、役員会での協議により見舞金を支払う場合がある。

7. 処罰、注意事項について
大頭取、もしくは湯之町大神輿の決定、並びに規約に反する者については役員会での協議により出場停止、退場を勧告する場合がある。
私情による喧嘩、及び行動等による負傷において湯之町大神輿会は一切の責任を負わない。
暴力団、右翼、政治結社またはそれに関係する者に対し脱退を命じる事ができる場合がある。
交通安全、危険防止の為、警察、救急隊、消防隊などが運行停止を指示した場合、それに従う事とする。